油彩を中心にして絵の基礎を学ぶ。

2019 / 02 / 02  02:11

3色の効能

Img67741.jpg

 色を理解するためのカリキュラム。

ウルトラマリンブルー(青)、バントアンバー(茶)、シルバーホワイト(白)による制作。

色の奥には明暗(白黒)と寒暖が含まれています。

デッサンは白黒で行うものですが、それに寒暖を加えたものです。

デッサンから油彩への移行時にこの過程を加えます。

目に入る色の世界を明暗と寒暖に整理する力が、色を掌の中に入れることにつながります。

 色の全ては白黒写真に収まります。補色である赤も緑もグレーの段階のいずれかに属しているのです。これを訓練するのがグリザーユ(単色で描く)です。「三色」はそれに寒暖を加えたものなのです。

   一般に、この色の勉強が形に比べて難しいようです。どうしても色の固有名詞が頭に浮かび、グレーの段階と寒暖の度合いが測れない。知識(先入観)が邪魔をします。