油彩を中心にして絵の基礎を学ぶ。

2019 / 02 / 21  09:39

クロッキー(別枠授業)

E921D398-3BF8-4707-AF03-9EC93A79285C.jpeg

   美術の課外授業的印象のクロッキーですが、実は重要な役割を担います。

  クロッキーの枠内でも20分はデッサンに近く、5分以下がクロッキーと言えます。 

   20分あるとボリュームのための調子がついてゆきます。その分リアルになるのですが、目的は付随的に見える奥行きです。ボリュームがついた分、その周辺に奥行きが感じられると思います。

   対して5分以下の場合は時間がありませんから、線は引きっぱなしです。ところが当然奥行きは無いと思いがちですが、あるのです。線の組み立てで前後感が出るからです。

   つまりクロッキーは意識して行えば、2つの奥行きを行きつ戻りつできるわけです。

   平面的奥行きと深い奥行き。「平らな面に奥行き」(絵の謎解きのキーワード)の急所どころをつく事が出来るのです。

意識して行うことが大切です。

   勢いや個性を持ち出して「絵」を描く作業では無いのです。

  「デッサン」はデッサンであって絵の基礎だけでは無いわけで、様々な分野の人間が必要に応じて行うものと考えます